最新の食物アレルギーの研究

子供のアレルギーは厄介ですよね。特に食物アレルギーが最近の子供には多いようです。その数は…、近ごろでは10人に1人の赤ちゃんが何かしらの食物アレルギーを持っているそうです。食物アレルギーはアレルゲンとなる物質は体内に入るとそれに体が反応して、例えば蕁麻疹や発疹が出たり、粘膜が腫れてひどいときは呼吸困難などの症状を引き起こします。呼吸困難などが起こってしまうというのはとても危険な事。場合によっては命にかかわる事もあります。ですから多くのお医者さんがアレルゲンとなるものを避けるように指導します。でも、子供のアレルギーは一生続かないで治療も可能、という事が最近の研究でわかるようになってきました。様々な治療法の一つとして、経口治療があります。アレルゲンとなるものを毎日少しずつ摂取していって最終的にはその食品を食べられるようになる、というものです。これは絶対に専門医の指導の下に進めなければいけない治療法ですが、この治療方法によって小麦アレルギーを持っていた子供の治療が成功したそうです。今子供の食物アレルギーにお悩みのお母さん、一度子供のアレルギー専門医の元を訪れるのはいかがでしょうか?